早漏改善マニュアル

肉体的原因と精神的原因

肉体的原因と精神的原因

早漏の原因は、肉体的問題と心理的問題の2つがあると言われています。
肉体面の原因として考えられているのは、包茎や先天的な病気で早漏になってしまっている場合があります。
仮性包茎の場合であれば、日本人の男性の約7割が仮性包茎だと言われていますが、仮性包茎の人が全て早漏というわけではないので、やはり最もな原因となっているのは、心理的な問題が大きいと考えられます。
日常生活の中で受けるストレスまたは仕事などによる過労が原因の場合もあれば、経験が少なく脳が異常に興奮してしまい早漏になってしまっている人もいます。
これは自律神経が関係していて、交感神経と副交感神経の働きが深く影響していると言われています。
交感神経射精するための働きがあり、副交感神経はペニスを勃起させるための働きがあると考えられています。

この神経のバランスが崩れ、交換神経が優位になってしまうと早漏になると考えられています。
なので、射精をある程度コントロールするためには、副交感神経を優位にする必要があり、そのためには脳をリラックスさせる必要があります。
肉体的問題では、早漏改善以外の処置が必要となる場合があります。
早漏の原因が仮性包茎や真性包茎だった場合は包茎の手術がすることで、早漏の改善につながります。

早漏の原因は肉体面と精神面

ペニスの感度が敏感過ぎて仕方がないという人などは自宅でも副作用を気にせず使用できる薬があります。

リドカインという外用薬です。
リドカインは、病院などで使われているキシロカインという表面麻酔のジェネリック医薬品であり、塗った部分の感覚を鈍くしてくれる働きがあります。
ペニスに塗り込む事によって、感覚を鈍くし、挿入して数十秒で感じる射精感を抑えてくれるようになり、セックス時の挿入持続時間を長くしてくれます。
リドカインを使用しする際に必ず注意しなくてはいけない点が一つあります。
それはリドカインを使用した後にセックスをするわけですが、その際にコンドームを使用するか、リドカインを洗い流してから挿入をするという点です。
その一手間を疎かにしてしまうと女性にも薬の効果がうつってしまい、一時的な女性の不感症の原因になってしまいます。
その点さえ注意すれば挿入後の感度が変わる事はないですし、副作用もないので、安心して使う事ができます。
他にも内服薬である、タダポックスやポゼットという早漏改善薬もあり、こちらは脳の興奮を抑え、射精感を減退させてくれる効果があります。
これらの内服薬はED治療薬と同じく、顔の火照りなどの副作用が出る事があります。
外用薬の効果が今一つだったという人には内服薬がおすすめですが、手間さえ考えなければ外用薬で効果を得られないということはないと思いますので、是非お試しください!

早漏防止薬の通販

▲ページトップに戻る