早漏改善マニュアル

男女の関係と早漏

男女の関係と早漏

男性の性の悩みである早漏は果たして悪いことなのでしょうか?
早漏が良いか、悪いか考えてみましょう。
女性がオーガズムに達する前に射精してしまうことを早漏と言いますが、
男性ばかりが満足する形になってしまい女性は満足できないどころか、「私の事を何も考えてくれてないのでは?」と不満が残ってしまいます。
逆の立場で考えてみたとき、射精できずにセックスを止められる「生殺し」の状態で放置されたらどのように感じますか?

大半の人が相手に対して苛立ちを覚えることと思います。
お互いの気持ちが高揚しているさなかに男性のみが快楽に達してしまったら、良くない空気になりますし、そんな事が続くようだと夫婦関係、恋人関係の継続に支障が出てきてしまいます。
男女お互いが相手を気遣い、お互いに快楽を得る、それが有意義なセックスをする一番重要な事ですので早漏が悪い…とまでは言いませんが、決して良いことではないという事を理解する必要があります。

有意義なセックス

直ぐに射精してしまうのは、実は脳と関係があります。
脳の興奮が信号となって、神経をとおって射精することができるので、その興奮を多少なりとも抑制しなければ、早漏改善にはつながりません。
経験があまりに少なく、緊張して直ぐに射精してしまう場合は、経験を積むことによって改善される場合もあります。
治療に使えるお薬としては外用薬であるリドカインという局部麻酔のお薬がとてもおすすめで、世界中でその効果を実感している男性がたくさんいます。
病院ではキシロカインという名前で医療の現場で用いられており、リドカインはそのジェネリック医薬品になります。

外用薬のためペニスに塗って効果を得ますが、内服薬ではないので、副作用などもなく気軽に使用できます。
ペニスに塗布して感覚を鈍くすることによって、挿入後すぐに射精してしまうことを防止してくれます。
また価格も安く購入できるので、早漏の方は自宅に常備しておくといいかもしれません。
といっても、大きな物でもないので携帯することももちろん可能です。
ダポキセチンとは、もともと抗うつ剤と使用されていたもので、先ほども言った脳の興奮を下げる効果があることから、転用され、早漏改善のお薬としても使用されるようになった薬です。

脳を動きを穏やかにしてくれる作用があるので、早漏改善には非常に効果的な薬となっています。
危険な副作用もなく、比較的安心して服用することができるようになっています。
リドカインもダポキセチンも早漏改善には非常に効果的なお薬となっているにで、自分のためにも相手のためにもしっかり治療していきましょう。

▲ページトップに戻る